がん検診|玉田レディースクリニック|吹田市・摂津市・健都 JR岸辺駅すぐの婦人科 産科 女性内科

玉田レディースクリニック
Web予約はこちらから

がん検診

がん検診とは

当クリニックでは、子宮がん検診を行っています。子宮がんとは、子宮にできるがんの総称のことで、子宮頸がんと子宮体がんの検診をそれぞれ行っています。検査につきましては、兵庫県立がんセンター婦人科の勤務医として、これまで数多くの子宮がん患者様の診断および治療にあたってきた経験豊富な当院長が担当します。

なお吹田市・摂津市でも子宮がん検診(頸部細胞診、問診の結果必要と判断された場合は体部細胞診)を実施しており、同じ内容の検査を受けることも可能です。同市が実施している子宮がん検診では、検診料が免除される対象の方もおりますので、詳しくは各市の公式ホームページをご覧ください。

子宮がん検診の検診料免除対象となる方の詳細は以下からご確認ください。
吹田市 摂津市

子宮頸がんについて

主に子宮頸部に発生するがんが子宮頸がんです。子宮頸部とは、子宮腔と膣がつながっている部分のことで、上部を膣上部、下部を子宮膣部と呼び、子宮頸部の内腔を子宮頸管と言います。このがんは、子宮の入り口付近に発生しやすいため、観察や検査が容易であり、発見しやすいがんとしても知られています。

発がんには、性交渉により感染するとされるヒトパピローマウイルス(HPV)が関係していると言われ、妊娠・出産回数が多い方ほど発生しやすいといわれています。それでも多くの場合はHPVに感染していたとしても、無症状のうちにHPVが排除されています。しかし、HPVが排除されずに感染が持続するような状態になると、一部に子宮頸がんの前がん病変や子宮頸がんが発生すると考えられています。そのほか喫煙も、子宮頸がんのリスク因子であることがわかっています。

なお、症状につきましては、早期ではほとんど現れません。病状が進行すると不正出血やおりもの異常、性交中の出血などが見られるようになります。

子宮頸がん検査とは

子宮頸がんの検査では、まず問診を行います。その際に初潮時の年齢や生理の様子、妊娠・出産経験の有無、月経の状況、自覚症状の有無などについてお聞きします。
問診後は内診になります。まず被検者が内診台に上がり、子宮頸部の状態を医師が目で見て確認(視診)し、腟鏡を用いて子宮頸部の状態を観察します。ここでは子宮の形や大きさ、位置、表面の状態、炎症の有無などを確認します。
次に細胞診を行います。細胞診とは、子宮頸部にある細胞を採取するだけでがんの有無が判定できる検査です。細胞を採取する際は、専用のブラシ等の器具を用いて臓器の中を軽く擦る程度ですので痛みはほとんどありません。子宮頸がん検診は以上で、採取した細胞は顕微鏡を使って調べます。検査結果は5~7日ほどでわかります。

子宮体がんについて

子宮体がんは、子宮内膜から発生するがんなので、子宮内膜がんとも呼ばれています。発がんには女性ホルモン(エストロゲン)が関係しており、実はこのエストロゲン(卵胞ホルモン)は子宮内膜を増殖させています。しかし排卵後、黄体ホルモンが卵巣から分泌されることで、この増殖を食い止めています。そのため月経のある女性は、子宮体がんにはなりにくいと考えられています。

したがって、発症の可能性が高いと言われているのが、閉経後の女性です。そのほかにも不妊症、出産経験の無い女性、肥満、糖尿病、高血圧の方も発症のリスクがあるほか、月経がある方でも月経不順や不妊症の方は排卵回数が少ないので、エストロゲン優位の期間が長く、子宮体がんを発症する可能性は高くなります。さらに出産経験の無い方もエストロゲン優位のライフサイクルとなるので危険性は高くなります。このほか、肥満の方では皮下脂肪の中にあるアロマターゼという酵素が働くことで、エストロゲンがつくられてしまうので、体がんのがん化に関与していきます。

なお、更年期障害の治療でホルモン補充療法を行う場合、エストロゲンに黄体ホルモンを併用しないと、がんになる可能性が高まりますので要注意です。

このように子宮頸がんに比べると、子宮体がんになる年代は比較的高く、閉経後あるいは更年期での不正出血がある場合は注意が必要です。また、閉経前であっても、乳がんを患ったことがある方なども要注意です。

子宮体がん検査について

子宮体がん検査では、子宮内膜細胞診を行います。これは、子宮の内部に細い棒状の器具を直接挿入して細胞を採取する検査です。また疑わしい箇所があった場合、さじ状の器具を使って、さらに組織を採取して診断します。なお、被検者の子宮の中まで器具を挿入することが困難な場合は、超音波検査で診断することもあります。

細胞診を行った結果、疑陽性もしくは陽性となった場合は、精密検査として組織診が行われます。この場合はキューレットという医療器具を子宮の奥に入れて内膜組織をかき取り、がんであるかどうかを顕微鏡で調べます。検査結果については5~7日ほどでわかります。

  • 婦人科・女性内科
  • がん検診
  • 妊婦検診
  • 不妊相談
  • ブライダルチェック
  • ピル・避妊
  • 人工中絶手術
  • 予防接種
  • 自費診療(美容)
© 玉田レディースクリニック